24 Oct. 2011

京都のリンダです

「マレーシア4」


ついついさすさらさんに対抗してしまった。

クアラルンプールのクアラというのは”川”でルンプールというのは”泥”だそうです。

泊まったホテルの外見
一応リゾート風です
ペナン大橋を渡ってマレー半島に帰ります
最後はオランウータンの保護区ですブキメラ。山の上の湖の中の島でした。
船着き場
着きました
説明を聞いていますがTV局が撮影に来ており”日本人も来るぞ!!”と言いたいのかしつこく我々を撮っていました。
TV局のHPを聞いたので放映後見てみたいと思います。
こんな船です
やっとご面会。我々が檻の中に入っています。京大の研究室もあるようです。
花も
これがボスだそうです(総勢30匹弱)
向こうがオランウータンのボス、手前はウチのボス・・・・
チビちゃんです。おしめをしていました。

これは小学生ぐらい
ハンモックです。さすさらさんを思い出しパチリ。
現地に遊びに来ていたマレー人の高校生ぐらいでしょうか?可愛い子でした。
マレー料理ですが何かゴッチャ煮みたいなのが多い。味はまあまあでした。

高速でずっと気になっていたのですが時々こんな標識が。
バイク用の雨宿り場所が時々設置してあります。
今回の旅行は雨季にも拘らずずっといい天気でしたが最後にKLの空港に行くバスでスコールに合っただけでした。
日頃の行い!?!?
最後は例の通りのバラマキ用土産です。
マレーシアの特産品は錫とゴム・・・何にも買うものがなくて困ったのですがドライブインで良くこれを見かけガイドに聞いて購入。
ういろうのマレーシア版でした、名前はDODOL(もち米、ココナツ、グラムラガというパームシュガーで出来てます)、
写真を見ての通りドリアン風味にチャレンジ。大変微妙な味でした。


マレーシアは人種・宗教・文化等々全てがゴチャ混ぜの国でこれといった特徴がないのが特徴という感じでした。 人々はみな穏やかそうで明るい雰囲気です。KLは緑が多く海が無いだけでシンガポールのような綺麗な大都市でした。
機会があればボルネオの方のリゾートにも行ってみたい気がします。

長々とお付き合いただ気有難うございました、確かにレポートすると復習にもなり自分の日記にもなります。

次はどこでしょう?