19 Oct. 2010

京都のリンダです

「オジサンのトルコ旅行」 その4 (再びイスタンブールの巻)  

今回のトルコ行進曲(?)は

@イスタンブールに2泊
Aカッパドキアで普通のウチでチャイする
Bオリエント急行のレストラン


この3点で選びました。

少しトルコの風情を

トルコに来たらトルココーヒーをトライ!!
   こんな立派なもので出てきました。

蓋を取ると、、、右上は砂糖菓子です
(初めから砂糖は入っていました)。

飲んだあとはこんなんです。
味?甘い!!ドロドロ!!おすすめしません。

ホテルの朝食に蜂蜜(蜂の巣)が
そのまま出ていました。美味しかったですよ。

ホテルの窓から。
ボスポラス海峡を渡るのにラッシュでした。

お待ちかねサバサンド(知りません?)!!
ガラタ橋のたもとの船の上で作っていました。

こんなんです、サバの半身を塩焼きして
玉ねぎを少しホットドッグのパンでサンド。レモン汁と塩を加減して食べます。

精一杯口を開けないと入りません、
結構いけます、日本でも作ってみよう!!

ピクルスジュース売り。
酸っぱくてイマイチ。

焼栗屋さん、日本もありますが
彼らは几帳面にきれいに並べていました。

泊まったホテルはシェラトンでした。
旧市街と書いてあったので期待したのですがずっとずっと外れて飛行場に
近いぐらいの所でした。きっとマリアさんの泊まったところの方が良かったと思います。

サバサンドの船

これからボスポラス海峡クルーズ
(マリアさんも行かれました)新市街のガラタ塔

ミナレット(尖塔)が10本
(アヤソフィア4+ブルーモスク6)

トルコ海軍のフリゲート艦(?)
大航海時代の頃トルコ海軍の船が串本(和歌山)沖で沈没し地元の漁民が助けたそうです。
この話はトルコの小学校の教科書にも載せられ日本ファンが多いということでした。

第2ボスポラス大橋とルメリヒサール
(イスタンブール陥落の時ここから大砲で船を襲撃)。
右はアジア、左はヨーロッパ大陸、すぐ向うは黒海です。

ハンバーガー屋もケバブ仕様。

トプカピ宮殿入口(行った証拠、
さすさらさんにパクられましたが)

その中:マリアさんここはトプカピの
入場券に印刷されてませんでした?

バザールの中も天井は綺麗でした。

露店もたくさんありました。
イスタンブール最後の食事は魚料理でした。

その近所の魚市場。
   例によってアジ・サバ・イワシ。

例のサバの塩焼き、どこでも鉄板で焼いています。

どぜう・・ではなくイワシでした。

ムール貝にピラフを詰めレモンを絞って食べます。
レストランで注文したらあれは立ち食い用との事で食べそこないました、残念!!

八百屋の屋台も。

黄昏のレストラン街、結構ロマンチック。

味は普通でした。

イカリングはイタリアも日本も一緒。

街の中,ライトアップして綺麗でしょ?!

さてオオトリはドンドルマのオジサン(仲間?)。
実演してくれました。のびーーーるトルコ風アイスクリ
ームです。スーパーでも粉末のドンドルマの素が売っていまし
た、買って来たのですがまだ試していません。

と、言うことでその日の深夜便で関空に戻ってきました。
マリアさんの素敵なレポートとは違いB級グルメ、スケベオジ
サンの旅にお付き合いいただき有難う御座いました。

お疲れ様、お・し・ま・い。