28 Jun. 2015

関西花便り(矢田寺のアジサイ)・・・byはなパパ

 

まだ梅雨が明けませんねぇ。

4人組のおっさんたちのお遊びはもう1週間以上前のことですが、アジサイレストランの

記事もあったし、道行の様子はさすさらレポートで見ていただくとして。

食後、ビールの余韻を感じながら矢田寺へ向かいます。

後姿、そして二人。

こんな階段を上がって来ました。

まずは、先に園の風景が見える、テラスで。

眺めが非常によろしい。

次に、奥の院方面に向かって、御影堂付近。

変わった花があります。

もう少し、

ここから先に行くと奥の院。    

食事をした民族博物館から別の道で山の方へ向かうと、「矢田坐久志玉比古神社

(ヤタニイマスクシタマヒコジンジャ)があります。

神武天皇が大和に入ったとき、先に天降っていたニギハヤヒノミコトを祀る神社で、

6世紀頃に出来たとか。物部氏の祖先と言われている。

ここを過ぎて山に上がり、奥の院から矢田寺へ降りるコースもあります。

という、奥の院へは行かないで、下りて来て、

アジサイ園に入ります。

空を押し上げて、アジサイがいっぱい、

今年はとても出来が良いようで、山の中に入ります。両側から囲まれる。

その風景。

関西では、京都・宇治の三室戸寺とここが有名、でもこっちの方が1番かなぁ。

ぐるりと下りて、もう一度空の風景。

まだまだ、廻ります。

見えますか?お地蔵さんを包んでいる。

山アジサイがにぎやか。

がくアジサイもにぎやか。

そろそろ終点ですよ。

おっさんたちは、満足、まんぞく。

アジサイの風景はここまで、ではまたどこかでお会いしましょう。