07 Dec.2014

関西の風景(三千院)・・・byはなママ&はなパパ

 

今年の京づくしはここまででしょうか。

今週は強い雨と冷え込みがきつかったですね。

博多弁のアナ雪を楽しみながら、荒天候が途切れたので12月5日ここへまいりました。

私がご案内しますね、何だあそこか、よく知ってるわ、などとは言わないで。

皆さんよくご存知の緩やかな坂を上がりながら、紅葉のなごりを見て、

♪京都 大原 三千院

入ります。

皆さんお馴染みの宸殿とその庭園・聚碧園(しゅうへきえん)、

よくある風景、前に来たのは20年ほど前。その時雪が降っていて、

東京から来た婦人は、「雪の大原が見たくて新幹線に飛び乗って着ました!」

有清園、もみじがたくさん池に落ちて鯉とたわむれる。

国宝が入っている往生極楽院

わらべ地蔵さんがあります。

奥へ行き、観音堂が見えます。

♪ 恋に疲れそうにもないこの人が一人(字余り?)

院内の残りの紅葉

次に行きますね。

川と落葉の風景

後鳥羽天皇などの御陵がある。

勝林院

お店の前を過ぎて下りましょう。

紅葉の残りも楽しみましょう。

そうそう、このお店の漬物が美味しいとは、はなママの言、いくつか買いました。

バス停に戻る途中、ここの眺めが良いらしい。

バス停より西へ20分ほど歩きます。薪を担ぐ大原女(おはらめ)の小径。

ここへ来ました、寂光院(じゃっこういん)。

20年前はこの階段を雪に足を取られながら上がった記憶があります。

本堂です。ここは安徳天皇の母、建礼門院ゆかりの尼寺です。

ご神木の千年姫の小松

鐘楼

本堂前の庭園、池。この本堂は我々が訪れた数年後に放火に遭い、本堂は全焼、

ご本尊の六万対体地蔵菩薩は黒焦げになったそうで、ただ胎内仏は無事だった。

建礼門院のご庵の跡がある。

この日は、昼からゆっくりとよく歩きました。

初冬の三千院も落ち着いた感じで良かったですね。

この人は、嬉しく楽しんでいましたよ。

では薪を担いだ格好で、またお会いしましょう。