23 June 2014

関西花便り(藤森神社のアジサイ)・・・byはなママ&はなパパ

愛らしい尾瀬の水芭蕉、五島列島の美しい海と数多くの教会、そして貴婦人

ですか、続々と素晴らしい投稿が続いていますね。

ここへきて、いつものパターンを送って良いものか悩んでしまいます。

でも、行ってきましたのでとりあえずご覧下さい。

 

関西ではアジサイが見ごろ、三室戸寺や矢田寺など、また長谷寺もありますが、

6月17日、行ってまいりました。

京阪電車で「墨染」駅下車、5分ほど歩くと見えてきました。

藤森(ふじのもり)神社です。

ここは非常に古い由緒があるのですが、それは後の話として、アジサイ寺として有名です。

鳥居の前でご挨拶、で、この鳥居、額がないのです。

よく読んで下さい。近藤勇が出てきます。

ここには、アジサイ園が二つ、まず第1アジサイ園に入ります。

満開ね、と見ています。まずはこんなものをどうぞ。

園を出て、拝殿。

本殿と神社の由緒。ご祭神はスサノオノミコト、他に創建のきっかけとなった

神功皇后のことが書いてあります。

この他、応神天皇、仁徳天皇まだ他の方も祀られている。

七福神もあります。

名水「不二の水」、ご近所の方々が水をもらいに来ます。そうですね、ここは

伏見の酒処が近いのですね。

本殿奥の第2アジサイ園に入ります。

園の風景。

そして有名なのがこの方。5月の菖蒲の節句がここで始まったとされています。

菖蒲、勝負、と来て、勝ち馬。

勝ち馬祈願の場所としても有名で、多くの騎手がお参りしているらしい。

だから、神馬像があり、

こういう絵もたくさん飾ってある。

少しは神社の様子が分かっていただけましたか。

では、あと少し、アップのアジサイをどうぞ。

ハート形のはなびらもあります。

もう少しありますよ。

これで私たちは堪能してしまいました。

でも、次があります。

神社を出て、北へ20分余歩きます。

着いたのは、ここ、伏見稲荷。全景の地図もあり。

拝殿です。

ここは何年振りでしょう、千本鳥居が見たかった。

ご存知の方も多いでしょうが、この鳥居、奥社まではすぐですが、

奥社から稲荷山一の峰まで往復4キロ、2時間の行程でこの日は上がりませんでしたが、

関西の四木会で予定に入れようかと。

下りて来た人の話では、上でビールも売っているとか。

余談になってしまいましたね。

この人は、アジサイと千本鳥居で大満足。

では、またお会いしましょう。