04 April 2014

関西花便り(京の桜)・・・byはなママ&はなパパ

 

小春桜、福岡城の桜、御所の桜など今が盛り、どんどん続きますね。

4月2日、多分今が満開かなぁ、出かけてまいりました。

京阪電車で、京都三条へ、地下鉄東西線に乗換え、到着したのはここ。

この人の歩く後姿が見えます。この日はワクワク楽しみにしています。

皆さんお馴染みの世界文化遺産、9世紀終り頃の創建真言宗のお寺、

醍醐寺です。

編集長が白浜から、「京都で早咲きの所知らん?」と電話があったのは

1週間前、その後の1週間でこんなに開いてくるとは。

 

総門前でご挨拶をいたしますです。

今回は先に奥のほうへ向かいましょう。

道筋にも大きな桜が開いています。

西大門から入り、

まず国宝「五重塔」あたり。

ここでポーズ、ご機嫌がよろしいようで。

次は、同じく国宝「金堂」。

はい、またポーズ。

「不動堂」を過ぎ、

門を入ると、

「弁天堂」、「観音堂」、前に食事をした寿庵あたり。

もう人が多くて、写真を撮るのが難しい。

この先、フェンスの向こうは上醍醐へ向かう登山道です。

急な坂を1時間近く上ると頂上へ着き、琵琶湖の景色も望めますよ。

トレッキングに慣れたさすさらさんだと楽に登れるのでは。

元に戻り西大門、額縁に見えませんか。

「霊宝館」へ入ります。

館の中は撮影禁止、国宝「薬師三尊像」がある。

3年前、高校の同窓会でここら辺りに入りました。

ここの枝垂れは良いよ、とは手打ち庵さんに教えてもらった。

この周辺は私たちのお気に入り、館の周りを巡ります。

桜の眺めをご覧下さい。

少しアップも入れましょう。

残るは、観光客が必ず入る豊臣秀吉が再建した「三宝院」、入口はすごい人。

入口横は、国宝「唐門」。

中に入るとすぐに桜。

奥へ行くと、お茶席があり、その廻りが見事に開いています。

周辺の桜をいくつか。

はい、3時間ほど十分に堪能しました。

地下鉄で京都市役所辺りで下車。

ついでに、ここも覗いた。

信長の本能寺の変はこの場所ではなかったようですが、今の本能寺。

最後の目的地、リンダさんのお膝元を荒らしてごめん。

京都文化博物館で印象派展鑑賞、ルノワール、モネが来ています。

では、またお会いしましょう。