23 Nov. 2014

関西の風景(赤目四十八滝)・・・byはなママ&はなパパ

 

前の近畿よいよい会飲み会で、今夫婦で赤目に行く予定やけど一緒に行く人は?

と聞いたら、何人かの賛同があり、結局さすさらさん、リンダさんが同行して

くれることになりました。

近鉄赤目口駅、バスで10分ほどで赤目滝の入口へ着きますが、10時始発のバスに

お客さん50人ほどの満員。

さあ、これから歩きますよ。

赤目四十八滝の案内図、約4キロほどを歩いていきます。

その前に、遊んでますねぇ、こういうのが楽しい。

まず、最初の滝「行者滝」、早速写真を撮ります。

不動橋にある不動の滝、ああいう道を歩かねばなりません。

上から見たところ。

周辺の風景は?紅葉はあるのかな?

滝があるつどに止まります、まだ元気な笑顔ですね。

優雅さひとしお、布曳滝、その上からも。

どんどん、違った流れがあります。

さすさらさんの紹介に、オオサンショウウオがありましたね。

ここは水が澄んでいて、夜は暗闇、それで夜行性のオオサンショウウオが多く

住んでいるとのこと。

これから、幅1m程度のアップダウンの道がず~と続きます。

3人歩いてますねぇ。

上から見た図、

余裕、よゆう、

再び、周りの風景。

澄んだ水、オオサンショウウオが出て来そう。

元気な3人、楽しんでますねぇ。楽しく遊ぶんがいいんですよ。

もみじもあるでよ。

皆が結構気に入った、荷担滝。

雛段滝も、横の中学生は団体で大阪から来ており、元気良く「こんにちは!」と

挨拶していく、「がんばりや~」というと「ありがとうございます~」と、どんどん

私たちを追い抜いて行く、けっこう教育がよくできている。

と、アップダウンを続けているうちに一応終点の巌窟滝、本当はここから別の道が

あるのですが、終点まで来た証拠。

修猷の手ぬぐいを持って記念写真ですよ。

帰りはゆっくりと、周りを眺めながら戻りましょう。

はい、また記念写真。

深山幽谷ではないのですが、たくさん美味しい空気を吸いました。

滝に限らず、景色もなかなかのものでした。

まだまだ写真はいっぱいあるのですが、空気と風景のおすそ分け。

今回最後に、はなママの写真はありません。

さすさらさんの打ち上げ写真をご覧下さい。

今度は夏に涼みに来たいね、と駅とお別れしました。