12 Jun. 2013

関西花便り(大鳥大社の花菖蒲園)・・・byはなママ&はなパパ

 

この時期、皆さん方々へお出かけですね。

キクチヒコの里、古代史の菊池族は邪馬台国の時代から続いているとも言われていますね。

そして、関西の母の胎内と言われる熊野、素敵な旅ですね。

この熊野は、菊池族の里のクマから来ているとも言われます。何か古代には

それぞれ関係があるような。

 

雨が降りそうな10日、私たちは花を見に、ここへやってまいりました。

堺市にある「大鳥大社」

ご祭神は「ヤマトタケルノミコト」、最後に大鳥が着いた地と言われています。

毎年6月の初め、2週間ほど花菖蒲園が公開されます。

風景をいくつかご覧下さい。

この人は、もちろん楽しんでいます。

他にも、つつじの名残り、睡蓮など。

これは、その有名なご神体の像、大和の桜井の方が、ここや羽曳野市で何故か祀られて

います。ヤマトタケルノミコト像。

これは、神馬像。

境内には、古い大きなくすのきがいくつか、横には神域の広い森があるのですが、立入

り禁止です。

では、もう少し花を見ましょう、花の一つひとつが大きいのですよ。

アップにしていきます。

結構堪能いたしました。また別の場所でお会いしましょう。

オプション

はなの散歩道では、あじさいが開き始めています。