29 Nov. 2012

関西花便り(八瀬のもみじ)・・・byはなママ&はなパパ

 

もみじは花ではないのですが、京都では春の桜、秋のもみじ。

八瀬のもみじは赤いに違いない、27日に行ってきました。

出町柳から叡山電車に乗って、一乗寺、修学院を過ぎ、宝ヶ池で左へ行くと鞍馬方面、今の時期

展望列車「きらら」が運行、座席のいくつかが外に向けてあるのです。

私たちはきららではなく、右の八瀬方面へ向かいます。

終点の「八瀬比叡山口」駅

多くの方はこの道に沿って叡山ケーブルで比叡山へ。

私たちは、もみじを眺めながら高野川沿いを歩き、



ほらほら、赤いもみじがありますね。





第1目的地、瑠璃光院。春と秋のみ特別拝観ができます。
もみじの庭園で有名なそうな。私たちの後では、団体さんが、はい20名です、50名ですと続いて大変。


2階の書院からの眺め。



1階の書院からの眺め。



色づきがとても良い、真っ赤ですね。






書院から、こういう眺め方がありますよ。



でも私たちの後では、団体さんが、はい20名です、50名ですと続いて大変。もっとゆっくり味わいたかったのですが。

次へ行きます。向こうにかすかに見える山は比叡山方面。

高野川に沿って、三宅八幡方面へ歩きます。
左の道は若狭街道(別名鯖街道)、古くは若狭から京へ鯖を運んでいたということのようで。

中途に神社があります。平安京の東北を鎮める神社です。

ご存じの方も多い、早良親王を祀る「祟道神社」

お読みください。

荘厳な佇まいですね。


では次の目的地「蓮華寺」。
はなママに蓮華とは、野に咲くレンゲではないよ、お釈迦様が座る蓮でござると説明、知ってるわよと言われた。



この庭園は詩仙堂と同じ石川丈山の造営と言われています。ここでも、和尚さんの法話が始まったころ団体さんが。





庭園では、もみじの絨毯が目に心地よい。




今日はゆっくり歩きました。ではまたお会いしましょう。



ご案内ははなママでした。