04 July 2010

by M.v.K. マリア

トルコ旅行  その4   

カッパドキアは2日間観光でした。

2日目  まずはトルコ絨毯のお店へ

まず織り子さん

一日数センチの作業

細かい柄  とってもきれい。  
当然お値段もそれなりに。

たくさんの絨毯を次々に広げて見せてくれます。


再びカッパドキア

ギョレメ野外博物館
古代ローマ時代、このあたりにキリスト教徒が岩を掘って住み始め、
岩の中に数多くの洞窟教会を造って信仰を守り続けた。
約30の教会が集まるギョレメの谷を、現在は博物館として公開している。









教会内の多彩なすばらしいフレスコ画

ゼルベ野外博物館



食堂跡には岩を削ってテーブルが造られている。













昼食は洞窟ホテルのレストランで

煮込み料理



さっぱりしたシチュー風

ホテルのロビーで

 パシャバー

「キノコ岩」が谷一面に立ち並ぶ観光のハイライト

地元では「妖精の煙突」とよばれている。



今にも倒れそう。





お土産物屋さん
    トルコ独特の絵柄、色遣いの焼き物

特徴はチューリップ柄。 
    チューリップの原産はトルコだそうです。
    オスマントルコ時代はチューリップ時代ともいわれるそうです。


カッパドキア観光は気球に乗って空からの遊覧もあるそうです。
これはいいでしょうね。

ここから約4時間で今日の宿泊地アンカラへ


アンカラ

アナトリア半島中央部に位置するトルコ共和国の首都。
1923年にムスタファ・ケマル・アタチュルク初代大統領が
共和国誕生と同時にこの地を首都に定めた。

トルコの子供たちはどこに行っても、
      ニコニコと笑顔で
      「こんにちは」とか「ハロー」と声をかけてきます。
      これは国の方針で、学校で習った英語やその他の外国語は、
      外で積極的に使いなさいと教えられるのだそうです。

      観光立国を目指そうという日本、がんばれ!!!

アナトリア文明博物館
    
古い隊商宿を改造した博物館。
    アナトリア文明初期の遺物や、ヒッタイト王国の収蔵物が有名。









ランプ?

見学中でもこうやって子供たちが周りに来て話しかけます。





大人は子供ほどではありませんが、とても親日的です。

途中ドライブインで

トルコの有名なお菓子

・・・その5に続く