21 July 2012

「昔、旅日記。。ほっかいろう」


by ABEです


編集長の北国行きに「刺激」されて、昔写真を家捜しをしたところ・・・

あったあった!!


遙か遠い昔・・「銀河系の彼方」ではない8年前のワチキの、お初

北国「北海道旅行」のショットの数々。

手前味噌ですが、15年前に前妻を癌で亡くし、気落ちいて上司のお見合いの世話にも
他の女性にも見向きもしなかった時代の話です。


役所から永年勤続の褒美に、旅行券20万円をいただいた時。

なんの楽しみもなく過ごしていたなか、妻と新婚旅行の思いでの「北海道」に行こうと発起。


JALツーリストの「JALバック北海道・道東の旅」を申し込んだのであります。


◎さてさて、話は昔。いささか記憶も薄れ気味で詳しい説明なんぞはできないのですが、覗いてやってください。(*^_^*)


さて、時は7月10日の梅雨の福岡空港を娘たちに送られ、千歳へと離陸しました。

当時としては久し振りのジェットだったので興奮気味。

JAL千歳直行便のジャンボからのショット。


席は行きも帰りも窓側です。




●お初、北の大地。




●早速、最初の目的地「富良野」の街。今日は富良野への移動のみ。



●次の宿泊地だった、層雲峡のホテルの前で記念撮影。なんでも珍しい。



「層雲峡」。



●層雲峡から、網走へ。北海道のポイントからポイントへは時間がかかりますよ。


網走刑務所跡の見学。



●またまた、記念撮影。



●昔の独房の跡。脱獄も多かったとか。



●北海道の道路の主要道は囚人の力によるものであるそうです。





●網走を後に、知床の宿泊地へと向かいますが、途中「原生花園」に寄ります。

寄ったのは「原生花園駅」。

また、駅長さんと記念撮影。







●原生花園から遠く知床半島をのぞみます。

北海道は広い。



●鉄路はひたすらまっすぐ。



●知床のホテルに着きました。


ホテルの温泉から知床の海を。軍艦旗が・・・・。



●つぎの日です。お楽しみの知床半島周遊。

午前中はバスで「知床五湖」へ。









●知床五湖から、港にもどる途中、バスの前に「ヒグマ」が・・バスの運転手は安全と思ったのか停止しバックし、窓の横に。

みんな大騒ぎ。



●そして、ウトロから遊覧船に乗ります。

しかし、岬へとは進みません。環境保護特別区だからです。







●知床観光も終わり「知床峠」を超えて、阿寒湖方面へと向かいますが、峠は霧がかかり、羅臼岳も見えず。

ここからずっと霧です。



●残念ながら、阿寒湖のショットはありません。


チョイ疲れ気味でしたので。


●唐突ですが、摩周湖へ。ここも言わずと知れた霧に閉ざされ沈黙の世界。



●そして、最終目的地の釧路。「釧路湿原」です。霧がかかるとガイドも迷う地。






●きれいなお花さん。



この後は釧路空港から羽田経由で福岡にもどりますが、その前に市場で、海鮮丼のてんこ盛りを食べました。


海鮮丼とは言え、ご飯を買い、刺身や海鮮を各店をまわっててんこ盛りにしてもらうのです。
最後の海鮮丼でしたが、とてもとても美味しかった思いでがせあります。


他にも、たくさん海鮮料理は食べました。
ああ、いい思いでだったなぁ〜


今では、あんなに高価なツアーは出来ません。
これで、舌っ足らずの昔レポートは終わりです。