15 Jan. 2013

【「行列の出来るラーメン屋」とはどや?】

by ABEです


お正月三が日の気分もすっかり抜け、久し振りにラーメンば食べようと、カヨの学校にある「ラーメンクラブ」で評判と言う、福岡市東区名島にある、とあるラーメン屋でクルマの点検の帰りに昼飯にすることに。

ここです。「なるほど、やや行列やね」


メニューはこれだけ。
どこかしら編集長と行った、「岡垣」のラーメン屋に似ている感じですがな。


店内はこんな感じで、どこにでもある「きたな」ラーメン屋と言った感じ。


大将にお願いして店内の写真ば撮らせて頂くことに、ハイ。


奥にあるスープ製作工場。

一番右の鍋が2日後のスープを作っているとこ。その左が明日のスープ。その左が今日のスープとか。

たいそう、力が入ってはります。


三日後のスープはどや。


三日後の鍋は音をたてて、煮込まれていますですよ。


大将自慢のシステムやんか。


奥様が餃子を焼いてはります。


ラーメン製作や



ゆで方と手さばきは、長浜にある「ラーメン屋」と同じ。


できあがりや。
紅ショウガとゴマをいれたら見かけは普通の「長浜ラーメン」やけど


カヨちん、「替え玉」して完食。

カヨちんの感想「あっさりしてて塩味が薄くて旨い」と。そうやね。

長浜ラーメンやから、脂っこいのは仕方がないが、ちょっと違ううまさや。


大将は「山」にも登るらしい。こんな写真が。



さて、2013年初のレポートはこんだけです。


なんか伝わりましたか?