17 Aug. 2011


嬉恥ずかしっテカ?

精霊たちが棲む【アルペンルートとトロッコ列車・上高地・白川郷の旅】

第二弾「アルペンルート編」・・・・ABEです


◎一日目の「上高地」を感動で迎え、眠れぬ夜を過ごし、二日目「アルペンルート」に向かいます。

どんな、アルプスの山並みが待っているのか、期待で胸が膨らみます。


大町温泉「ホテルから松」を早朝7時に出発します。朝食は6時。5時に起きて温泉につかり気持ちのよい出立。




●「アルペンルート」は長野県大町市から富山県立山駅に通じる、まさに中部山岳地帯を横断?するルートなんですです。

逆から進むルートもあり。もっぱら今度のルートがメジャーのようですねん。

まずは、「黒部ダム」へと向かいます。


●本日は、途中昼食はなしのため、旅行会社から早めの弁当の支給です。

室堂平で食べるのもよし、バスに戻って食べるのもよし。

いろいろ考えた結果、ルートには持参しないと結論。

なんか、途中でなんか食べるような予感です。


●ルートの出発地点、「扇沢」のトロリーバス乗り場まで、観光バスで向かいます。






●トロリーバスなんて、小学校の時の雑誌の中のこと。初体験ですねん。

チケットです。





●ルートは寒いと思い、カヨは秋の装い。





●初めて見る「トロリーバス」。なんかウキウキウキですねん。





●さて、黒部ダムへと進みます。エンジン音がないので、電車みたいですねん。





●標高1433mの扇沢を出発して、関電トンネルを通りピンボケですけど「黒部ダム駅」に到着。





●トロリーバスの「パンタグラフ」!!!





●さて黒部ダムへ・・・・








●好奇心のあるカヨは、ここでもスタンプをば。





●駅からダムへは長い階段を下りますが、ここでもう冷たい空気の洗礼をうけましたですよ。





●長い階段を下りてトンネルを抜けると、そこはもう別天地が広がります。





●とにもかくにも、ツーショットをば。ダムの写真屋さんに撮ってもらつて、しめしめ。




●ダムの「観光放水」とやらです。もう圧巻ですねん。










●黒部湖からの湖面と雄大な景色。デジカメで撮れる迫力はこれが精一杯ですが、こんなもんじゃないです。





●ダムの中央部でパシャ。




●ダムの中央部からみた放水。すごいの一言、水しぶきが上がってきます。




●こちらは、黒部渓谷の富山県側。のちほど「トロッコ列車」で宇奈月温泉から上ってきますけれど。





●さて、時間もないので、「黒部平」にむかう次のケーブルカーの駅「黒部湖駅」へ。





●黒部湖駅に向かいますです。ここで標高1455m。





●「黒部ケーブルカー」の乗車時間を待ちますが、ここの駅長さんが、ちょっと商売をされてはります。雑誌とガイドブックをついつい買ってしまいました。

話術の凄いこと。風雪何十年といった感じ。




●駅長さんのご商売が終わったら丁度、ケーブルカーが到着。乗車!!







●ケーブルカーはこんな、トンネルの中を進みますが、よう堀はりましたなぁ。





●終点「黒部平駅」に到着。





●ここからいよいよ迫力の「ロープーウェイ」乗車ですが、ここからの景色も絶景です。各所に展望台があり、飽きさせませんですよ。




●黒部平から観る「黒部湖」。





●ロープーウェイの行く手に見える山並「大観峰」の図。





●標高1828Mから、大観峰に向けて、ロープーウェイに乗車ですねん。

揺れてはります。



●揺れる揺れる、でも冷静。オバタリアンの奇声がちとうるそうおますがな。







●標高2316M、大観峰に到着、逆に「黒部湖」方面を望みます。

すごい景色。自力で上らずしてこの景色を見れるのは、ちと罰当たりな気もしますねん。









●「大観峰」から観た、アルプスの峰峰の図。





●やっぱ、ここで五平餅をば・・・・痩せるはずがない。自覚。




●アルペンルートはこんな感じですねん。





大観峰から、「立山トンネル」を抜けてトロリーバスでいっきに「室堂平」に向かいます。

アルペンルートも終盤。





●こんな高所をトロリーバスが走るなんて、不思議な気がしますです。





●「室堂平」に到着。標高2450Mですねん。







●山の天気は移り気なもの。立山連峰が一望できるはずなのに、こんな具合。

残念でならなすい。ハイライトなのにね。





●やっぱ来た証拠や。








●残念な天気や。



●残雪が残る道を散策して、晴れる時を待ちますが・・・・



●高山植物。














●室堂にある「みくりが池」。温泉が湧いてるんです。





●高原の郵便局まで来てカヨは、記念に郵便をだします。どちらに?








●もうすぐ昼飯ですがね食いしん坊の僕らは、またまた・・・・










●終盤です。高原バスに乗って、立山駅へと向かいます。春は氷雪の道で有名なとこですねん。





●富山県側のルートの出発地「ケーブルカー立山駅」に到着。これでアルペンルートは終わりました。





ここらへんは温泉の案内がおおいです。

ゆっくり来るときはね試してみたいです。




次回は、「黒部渓谷」をさかのぼります。天候に恵まれますでしょうか。