07 Aug. 2011


嬉恥ずかしっテカ?

精霊たちが棲む「アルペンルートとトロッコ列車・上高地・白川郷の旅」 

第一弾・上高地編・・・・ABEです。


◎久しぶりに本格的な3日間の旅です。

 今回は3000b級の山岳地帯を眼前にする、自力では登らない、不思議な開かれたルートの旅なので楽。

読者の皆さん、最後まで暑い夏に少しでも涼感を感じて頂ければ嬉しく思いますです。

中部山岳地帯は平均気温17度の、まさに別天地。

その代わり、気候が刻々と移り変わる正に山岳ルートです。


ARE YOU READY? いざ、旅立ちです。


旅立ちの前の日の7月23日土曜日、カヨは夏休みと言うのに学校の研究会で遅ればせの博多駅到着。

翌日が早いので、例のごとく博多駅前のホテルに宿泊の段取りになりました。

「忙しかしとこ、ようきんしゃったね」




●そして、翌朝早朝、眠い目をこすりながら、夢見ていた彼の地へのスタートです。

新博多駅も、2年前と比べたると別物に生まれ変わりました、ハイ。








●さて、空港行き福岡市営地下鉄に乗ります、「福岡メトロやねん」

笑ってはりますが、アスリートのカヨちゃんの目覚めはいまいち、チェッ!!



●空港に着いたら朝飯ですが、飯をよう食うとかんと自然が応えてくれはりません!なんのこっちゃ。

「豪華ラウンジ?」での朝食ですねん。わかりますか?





●朝飯が終わったら、十八番の「スタバ」



●カヨちゃん、「コーヒー持ち込めますか」なんて、手荷物検査前のクルーに聞いてはりました。



●そして、頃合いを見計らって、旅行会社の受付へ。今回も某旅行会社ですねん。

ツアー名はご覧の通りです。



●そして、「電光掲示板」で出発便のチェック。ANA214便、9時発セントレア行きです。

セントレアは今回で、4回目ですねん。



●気が小さい僕ら?は、いち早く手荷物検査を通過となるとこですが、なんか僕の体に金属探知機が反応し、ビービー鳴りますねん。

ワチキは「ニヤニヤ」してましたら空港の警官が、険しい顔で観てはりました。なかなか通過できまへん。ちょっと心臓がドキドキしましたね。

そして、無事通過。


ジェットはB737−700。また揺れるかいな。





●名古屋さ行くべ。そこから、どういくのか方向音痴のワチキはとんと・・・





●右手に福岡空港国際線ターミナルを見て、離陸体勢にはいります。そして、福岡市街を眼下にいっきに空の人に。ひさしぶりやね〜。





●いつ見ても、雲上の景色は格別。




●もうすっかり夏空。



●そして、中部国際空港「セントレア」にタッチダウン。僕らの憧れの旅が始まるぜよ。





●ツアコンの「香織ちゃん」が号令をかけてここで全員集合でありますよ。



●いつものように、バスのドアに席順表が貼っているので、いざ乗り込みます。
「みなさん、よろしくね」なんて心の中で叫んでしまってたけれど、みなさん人見知りのようす。




●アスリートのカヨちゃん、ジェットの中でよく眠れたらしく、ご機嫌ようですねん。




●「いつか来た道」のような・・・どういうルートで上高地に入るのか説明されておらず、関SAで休憩。




●今回は、お昼のお弁当が出ましたが、まあまあの内容ですら。



●いつか来た道の理由がわかるりたですよ。

二年前来た、奥飛騨温泉郷を通り、上高地の裏側からトンネルを抜けて上高地に迫るのでありますです。

いろいろ観光ルートはありますな。






●上高地は山の奥、マイカーでは入れません。

観光バスとシャトルバスとタクシーだけです。単独で上高地に来るには、相当の時間がかかるようですな。





●バスガイドさんと香織ちゃんの指導のもと、僕らは「大正池」から梓川沿いに、「河童橋」まで、歩くことにしました。

バスを途中下車です。



●「自然研究路」と言う、整備?された遊歩道を進みますが・・・




●しばらく進みますと、ひらけてきて「焼岳」が圧巻でありますですよ。




●素晴らしい景色です。大自然の美しさ。




●整備された林の中の遊歩道をいきます。空気が美味しい。





●上高地の立木は低くて、なんか弱々しい感じ。


















●ウェストン碑まで、1q。




●カヨちゃん、足がはやうおます。ちょっとお待ちやす。



●「梓川」のほとりを歩きます。気持ちいいですよ。




●梓川の支流なのか、こんなせせらぎも・・・・





●やっと「田代橋」に着きました。あと少しで「河童橋」。



●ここでも、拙ないツーショット、我慢しておくれやす。



●穂高連峰がググッと迫りますです。





●ウエストン碑です。






●ルートはこんな感じです。




●自然にひたることしばし、河童橋に着きました。






●河童橋から見た、雄大な穂高。残念ながら北壁は見えませんでした。



●上高地のトイレ。チップ制ですが有料。



●時間が短かったけど、大満足の上高地。バンザイ!!!



●「安曇野」を通って、宿泊地の「大町温泉」に向かいます。




前編はここまで、いよいよ明日は、「アルペンルート」です。


期待に胸が高鳴りますですよ。