25 Sep. 2012

嬉しい楽しいBOチャンとの再会、、、これがあるから訪タイは止められない!?

豪雨・渋滞の中、我々の滞在先まで車運転して会いに来てくれました

「こんな娘さんが居るなんて、、、バンコクに夢中になるの当然ですよ! いやあ素晴らしい人だ!」 弟も一目会ったときから大絶賛!

BOチャンとの出会いのキューピット役、、、谷口さんへの動画メッセージも預かっていますよ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明けて翌朝の一番機で バンコク⇒チェンマイ

お馴染みバラさんとの出会いも嬉しいもの、、、これで3回目だが、毎度見事な案内役、大助かりです

チェンマイ郊外のドイ・ステープ山中腹の黄金色寺院

もの凄いご利益受けると見え、いつ来ても数多くの善男善女の姿

こうやって呪文唱え塔をひと回り

我々も従いましょう

最後にローソクと蓮の花を供えます

神聖域につき、、、ミニスカートや短パンはご法度、裸足の参詣となります

山の更に奥へ奥へと入ると見えてくる北方少数民族村

村の入り口です、、、いつもの通りです

「こんな処好きやなあ!」

原色のスカーフや民族衣装の数々、、、値段も街の半分以下

それよりも、こういったさりげない日常の暮らしに興味深々です

バンコクやチェンマイに較べると間違いなく時はゆったり流れ行きます

地元の子達も正装して、、、何かの祭りでもあるのかいな?

山野草でしょうか?

民家の点在・・・・・

祭り会場へと行く姿? 多分・・・・・

チェンマイの町に戻って来ました

濠に囲まれた城砦内が旧市街、、、ホテルもこの地域内をチョイスすべきでしょう

ペナン島⇒バンコク⇒チェンマイ

航空経路ではありません、、、年金生活を南国で送る日本人達の人気地点の推移です

こうやって事務局が常時オープンしているの見て、その証知るところとなります

お隣は日本食堂、、、バラさんの好物は、鉄火巻きと天ぷらうどん

ランチ済ませたら、チェンマイ訪問の目的の一つ、ボーサン村へとやって来て

絵付け職人さんにペイント画描いて貰いましょう

弟は水筒とこの黒バッグに

私は以前さすさらに頼んだお気に入りデザイン持参で 「同じように描いてちょうだい」

家族揃って記念のTシャツ完成、、、最高のファミリー・メモリーとなる事請け合いっす!

さすさらからのリクエストもこうやって着々と出来つつあるので心配無用!

ホテルに戻ったら早速、こんな風に出来上がりをベッド上にご開帳!?

これでは足りずに翌日も訪問の羽目に・・・・・

ホテル ”タマリンド” の朝食はプールサイドでゆっくりと、時間掛けていただきましょう

今日はチェンマイ北方のとある温泉場行きをリクエスト

小一時間で到着

この温泉リゾートです

温水プールもいいけれど

やっぱ源泉掛け流し温泉がよか

硫黄泉が濃いいので 「健康体でも20分以内」 の警告アリ

「う〜ん、なかなかよかばい」

日本と違って外国では海水着は必須!

すっぽんぽんの、更に上行く混浴なんて考えられるのは世界広しと云えど、日本だけ

20分ぎりぎりまで入浴後、火照りがなかなかおさまらない

「おばちゃんそれは?」 「温泉卵さ、美味しいよ」

間欠泉横がどうやらその場所のようだ

ゴボゴボと地獄の様相

「そげなへっぴり腰じゃ美味しいゆで卵は出来んバイ!」

賑やかに談笑中に加えて貰って・・・・・

「一緒に入りません?」 嬉しい会話、、、タイの女性はほぼ美しい英語話すので弟 「やっぱ英会話は必須! どこかで勉強してもう一度」

空気良し、人情良し、、、温泉は言わずもがな

地上の楽園!

チェンマイの町へ戻って来て・・・・・

タイ中何処でも見かける三色旗は国旗、黄色旗は王様崇拝の御旗

朝と夕には国民立ち止まって国歌の拝聴、、、どこぞの国とは偉い違い

プミポン国王夫妻の長寿願う看板もあちこちで見られます

加えて敬虔な仏教徒の多いタイランド、、、間違いなく次世代アジアのリーダーたるに資格充分な国家を垣間見ることが出来ました

最後に夕方市場で購入した活きジャスミンと蓮、、、我が家でも良い香り放ってくれて

未だ覚めぬ南国旅情・・・・・

では