28 Apr. 2011

「多謝」改訂版

先日の「くうてん 四川飯店」料理に落胆した後、「どこか口直しする処ないかいな?」

やって来たのは福岡市西区小戸にある「多謝」、お任せコースで希望かなえられるか?

ではリベンジ!?のスタート・・・・・(お任せコースは昼¥2500 夜¥3000)

前菜の蒸し鶏はネギソースとの相性抜群、「今日は大丈夫って感じの船出!」 コリコリのクラゲもGood!

並々と大盛りの蟹肉入り卵スープ、、、こういった配慮はお客さん決して忘れぬもの

甲イカと季節野菜の炒め、、、客の食べ具合見つつ熱々で供されるお皿、この当然のサービスが中々実現できない店が多いのだ

チンゲン菜のクリーム煮、チーズも入ってトロトロ熱々、オーナーシェフの心意気が伝わってきつつの食事は「やっぱ、違うなあ」

これは牛肉のXO醤炒め、、、柔らかな肉とサクサク野菜が微妙にマッチ

定番、エビチリソース 「これこれ、こうでなくっちゃ」 四川飯店のシェフに食わせてやりたい!?

ファイナルは炒飯、、、美味そうでしょ?

先日の四川飯店の冷めて不味いチャーハンと較べて見て 「食べる前から判るもんネ」 客のオーダーこなそうと作り置きしているの見え見え

バツ×焼き飯!

デザートも当然の如く勢いが感じられる 中華風カステラ&極上マンゴープリン

本当に料理って奴は 「心」と「気」でこうも違って来るものかと再認識の今日の膳、此処「多謝」は僅か4テーブルを一人のシェフで担当

奥方がホールを仕切っていて、客と店側が打てば響く状況、これでしか成り立たない関係ってあるものなんですね

くうてんの店がすべてそうだとうは云いたくないけど、、、只々客を裁こうとする事と、利益優先に目が眩んで本来あるべき

「客に美味しい料理を提供する」という基本が後回しにされれば、おのずと供される料理は単なる”餌”にしかならないのである

以下は昨年のレポート、この間もちょくちょくお邪魔させて貰っています(v.K.も確かファンだったよ)

04 May 2010

お勧め中華”多謝”

何度かランチに出かけた事のある中華レストラン”多謝”

お昼は¥1000前後のランチメニューから選べる福岡市西区の超人気店ですが、いつも昼時は満席!

オーナーシェフ

とママさん二人でやっている関係上、テーブル4席&カウンターのみ。 これが美味さの秘訣なんです。

今日のランチは ”シェフお任せコース” というのをオーダーしてみました。

「何か食材に好き嫌いはありますか?」 「海鮮と野菜中心で願います」 嬉しい配慮はこの店ならでは。

前菜はクラゲ

コリコリ・シコシコの具合が抜群です。

問題のスープは、、、、、

フカひれスープです。

「よう出来とう、美味い!」

さすがは 「ホテル・オークラ桃花林」 元料理長の技、素直に深みが感じられる久々ヒットのスープです。

蟹爪の揚げ物、、、、、

こんなにプリッと

仕上がったボリューム満点蟹さんは思い出しても・・・・・ないなあ。 「塩かケチャップ・ソースでどうぞ」との事ですが、塩で決まり!

紋甲イカと野菜の塩風味炒め、、、、、

アスパラの美味い事!

お店は 姪浜〜糸島 の旧202号線に面しています。

リクエストに応えてくれたのでしょう、お次は

アスパラ菜の海老味噌炒め、、、、、

こういうのが嬉しい歳

そしていい香りと共に登場の

ホタテの豆チイ醤仕立ての逸品、、、、、

極上上湯ベースの

とろけるようなホタテの仕上がり、さくさくえんどう豆とのコラボが 「云わせんなあ〜」

仕上げは蟹とレタスのチャーハン、、、、、

米が踊ってます

これだけのチャーハンは、そうそうお目にかかれるものではありません。

デザートにも”パワー”が感じられます。

マンゴー・プリンと中華カステラ

この

カステラ 「持ち帰り分ありませんか?」 「いやあ、その余裕は無いんですよ」 残念、又来まっしょ。

トータル8品頂きましたが、、、油の具合がそうさせるのか、実に爽やかな食後感です。

さて、、、、、気になる”おいしんぼ”料は? お一人様¥2500(ウィークデイ)、¥3000(週末)

市内中心部だったら、、、、、そんな余計な心配するほどのリーズナブル価格設定!

ランチといえども予約は必須、 多くの客が 「済みません、外でお待ちください」 状態でした。

トーチェ(多謝)

福岡市西区小戸4−3−39−102 
TEL 092−892−0717
ランチ: 11:30〜15:00 ディナー 18:00〜23:00 

水曜休 Pあり

ハーバー入り口信号目印です。