04 Apr. 2010

速報版! from Busan with にんにく香!

工房の松本監督傘寿の祝いは「韓流」で

福岡空港より

釜山へ向けてTakeOff!!!

香椎浜の

人工島上空、監督の住まいは向こう岸、このデカイ島が環境の変化与えない訳ありません。

相の島上空

いつも工房の美味しい魚をいただく貴重な魚場です。

やがて対馬上空へ・・・・・

北端かわし

降下態勢になって暫くすると

釜山着陸です、30分のフライト。

「あっけないもんやね」

ここは釜山駅、空港から鉄道駅へやって来るのは違和感ありますが・・・・・

後ろの高い建物

我々の今日の宿舎、東横イン・・・・・割安感でネット予約しましたが、本当の理由は、、、明日分かります。

チェックインは午後4時との事、荷物預けて

いざ、市内探訪に出発!

タクシー初乗り

2200ウォン、今日のレートで約194円

着いたところはジャガルチ市場、新鮮な魚貝中心の巨大市場

柳橋市場

百個集めたより遥かに広い巨大シーフード・ゾーン!!!

ここは

売ってるだけのショッピング空間

食べたい人は、市場横の食堂ゾーンへやって来て

あれこれ

品定め中

「よっしゃ!」

店内に案内され、選んだ食材の調理されるのを待つ間、、、

「何〜んも頼んでないとにネ」

テーブルには次々と、、、いわゆる前菜っちゅうのが並びます。

まだ半分!?

ややあって、出て来ました!!!

これや!

牡蠣・貝柱・海老

「これも来たばい」

お待ちどうさん、真打登場・・・・・地元産毛蟹です。

濃厚なお味

「これはいける!初めてよこんなのは」、、、監督もご満悦のようで、何より・何より。

いくら

食っても・喰っても・・・エンドレスな昼膳、他の皆さん見ても「よー、食うばいこっちの人は!」

満腹のお次は・・・・・タワー、釜山のどこからでも目立つ

龍頭山公園にやって来て、、、おっつー!、桜やあ、博多より数日遅めのようですが

エレベーターで一気に展望室へ

「凄い眺め!」

快晴の空の下、釜山港

いまや、神戸+横浜+東京の合計扱い量凌ぐコンテナ集積港プサン、いわゆるハブ港です。

関釜フェリーが

入港しているのが正面に見えています。

そしてクイズに出していたこのショット・・・・・k.mitikoさん 正解! です。

でも のなかのバラさん 

>正解やったら・・・・お土産要ります(^_^) 

たとえ違った答えでも、、、、、貴女にもお土産あります期待していてください。

こちら西方面

眼下に国際市場

とてつもなく広い面積占めるインターナショナル・マーケット、韓国第二の都市釜山の人口370万人を象徴する名所。

タワー併設の

帆船はじめ船舶関連の展示室。

細かい作業見て

「こりゃあ根気もん」

今日は週末、好天にも恵まれあちこちでイベントが開催中。

出番待ちの組

国歌が流れると、、、コレ、彼の国との差歴然! 「追い抜かれるの、不思議じゃないな」

釜山タワーの下には英雄李舜臣の巨像が。

こちらも吉日!? よく見かける光景です。

一旦ホテルに戻って仮眠、、、シャワーも浴びて夜の部スタート!

釜山を代表する料理は? ネット情報によれば・・・・・

はい、”ナクチポックン”、牛骨や煮干しでダシを取ったスープをコチュジャン、コチュカル、ニンニクで味付けします。

そこにタコやエビにタマネギやネギ、キャベツなどの野菜のほか、タンミョンと呼ばれる春雨を加えて煮込むのです。

探したあ〜、、、路地裏の隠れ名店、住所書いた紙運転手さんに渡したは良かったがぐるぐる廻って電話かけ

やっと到着!

ケミチブ名物 ”ナクチポックン”

活きた蛸

「未だ、動きよう!」

そろそろ仕上げ

かき混ぜて

いただきま〜す・・・・・ん、蛸が、サクサク・シコシコ、人生で初めて味わうこの食感、もうたまりません。

お隣は、、、海鮮鍋

此処の2番目の人気商品とか、、、「今度はアレやな!」

〆はおかゆ

これは一番高価な”鮑がゆ”、、、とろとろとろ味が舌をびびれさせますがな。

あー、美味かった! これでお二人様合計30000ウォン、換算してみると、、、、、¥2640

釜山よか処!

お腹減らしに界隈散策・・・・・

お国文化の具合見るに一番は 「デパ地下」

「度肝抜かれるなあ」

販売に留まらず、イートインもそこかしこに散らばっているし、ディスプレイがこれまた素晴らしい

そして、、、ここには降参!

”ジェラート・コーナー”

つい

やってしまいました・・・・・

「くるくる鮨満席」

広〜い! 岩田屋+大丸+三越の地下食料品売り場合わせたより広い面積占める巨大空間

お客さん来る筈、博多のデパートも、もう少しお勉強せにゃあならないようです、ハイ!

午後8時近くでこの有様

やっぱしなあ・・・・・

勝ち組の勢い感じつつ・・・・・

一日目、これにて終了。

おやすみなさい。

続く・・・・・